美しいケララサリーを着た女性たちの行列!ヒンドゥー寺院の祈祷

ケララのお祭り

2月・3月は乾期で農作業が少ないためお祭りが多いです。
私も、近所のヒンドゥー寺院のラクシュミを祭るお祭りの行事に参加させてもらいました。

この時期、ヒンドゥー寺院では1週間にわたって何かしら祈祷や行事が行われるそう。
今回はこのあたり一帯のヒンドゥーの女性たちがケーララサリーを着て炎を持ち、街を練り歩く祈祷に参加することに。

準備その1:ケーララサリーを着る
ケララサリーは、透けるような白の布地に黄金の刺繍の、ケララだけの特別なサリーです。
刺繍の模様はクジャクやハスなど、それぞれ。

準備その2:お花摘み
庭に生えているお花をたくさん積んできて、花びらを散らしてプレートを作ります。

ケララのお祭り

準備完了です!
夕方寺院へ向かうと、あちこちから花を持ち、ケララサリーを着た女性たちが集まってきます。

ケララのお祭り

だんだんと暗くなってきたところで炎を灯します。

ケララのお祭りお線香が刺さっているのは、なんとバナナ。
この炎のプレートは、幸せを意味しているそう。
さて、出発です!

ケララのお祭り

ケララのお祭り

ラマーラマーラマー ラクシュミー・・・
と歌いながら寺院から街へ。

たくさんの美しい女性たちが「幸せ」を街に運んでくれる、素敵な時間でした。
このあと、ともに運んだ一体感からか、街の女性たちとも打ち解けて話が弾みました。
2月の下旬にワヤナードにきたら、ぜひゲストハウスに相談してみてくださいね。

 

石崎楓

石崎楓

投稿者プロフィール

京都大学文学部三年生
今年度は大学を休学し、地元富山で半年の農業研修の後、インド各地の農村に住み、その地のひとと自然との関係を学んでいます。屋台でカレーを売るのが趣味です。
メール:ishisaki.kaede[a]gmail.com([a]を@に変えて)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドでSIMカードを購入する方法
    インドでも日本と同じように携帯が使えると、旅行が格段に便利になるかと思います。 成田空港等…
  2. ケララの皆さんも熊本・大分の地震を応援しています!
    こちらは南インド ケララ州です! 熊本・大分を中心に日本で大きな地震が起こったというのを聞…
  3. ケララ州でもフォレストエッセンシャルが買えます
    日本でも人気沸騰中のアーユルヴェディック化粧品Forest Essentials(フォレストエ…
  4. 海外で現金を引き出す方法
    海外旅行に行くときに不安だと思うことの一つが、お金の管理だと思います。 日本円を現地に持っ…
  5. ケララのお祭り
    2月・3月は乾期で農作業が少ないためお祭りが多いです。 私も、近所のヒンドゥー寺院のラクシ…
ページ上部へ戻る